So-net無料ブログ作成
検索選択

虐待になるのか?ロボット犬を蹴り飛ばし物議






インターネット検索の大手
米グーグルが2013年に買収した
ボストン・ダイナミクス(ロボット研究開発)
がYoutubeに投稿したロボット犬「Spot
の動画が物議を醸している。


というニュースが話題となっている。


B98q1jcCIAAfcsF.png-large.png

あのグーグルが買収した
ボストン・ダイナミクスとはどんな会社なのか?


米マサチューセッツ工科大学のベンチャー企業
として1992年に設立。

米軍や国防総省傘下の国防高等研究計画局と
共同でロボットを開発していて
二足歩行ロボット「Atlas」や
ロボット軍用犬「BigDog」
などの開発で知られる。


そして今回、物議を醸し出した動画の
ロボット犬「Spot」とはどんなロボットなのか??






ボストン・ダイナミクスで開発された
四速歩行ロボット「WildCat」
よりもふた回り小さく小型化されたもの。

バッテリーと電動による油圧で稼働する。
重量は73キログラム。
大型犬タイプの「BigDog」よりも
30キログラムほど軽量化された。


空間認識センサーが搭載されていて、
狭い通路であっても、ぶつかることなく
自立走行が可能となっている。


もはや、ドラえもんや鉄腕アトムのような
未来の姿も現実に迫っているように感じてきた。

いいこともわるいこともね。



このロボット犬は
俊敏な動きで急な斜面や階段を駆け上がり、 足場の悪い場所でも四肢でバランスを保つ
軍事用、災害用などにもってこいのロボットだが、
この動きはもはやロボットではなく
本物の犬のようだ。


ボストン・ダイナミクスは
このロボット犬「Spot」の性能紹介を兼ねて
Youtubeに動画を投稿したわけだが、
この動画をみて様々な解釈・物議が生まれている。


動画はこちら↓
http://www.cnn.com/video/data/2.0/video/entertainment/2015/02/10/erin-pkg-moos-robot-dog.cnn.html






どう思うかは動画を見る人に依存してしまうが
すごいと思う人ばかりではないようだ。


中でも、物議を醸しているのが
ロボット犬「Spot」を蹴り上げるシーン。


どんなにバランスを崩そうが、
倒れずに踏みとどまる


ボストン・ダイナミクスからしてみれば
高度な姿勢制御を証明してみせた
すばらしい映像だが、
ロボットといえども犬は犬。


犬を蹴るのは虐待ではないか?
という声が多く寄せられている。

ロボットはすばらしい!!
という声もあるが、

虐待だ。蹴るのをやめろ
という声もある。



ロボットの形が犬であり、
まさにその行動も
犬のようなロボット。

これを虐待だと思えるということは、
そのロボットには動物的な生を感じることができるからだろう。


もし、犬に似た形でもなく
動物的な生を感じなければなんとも思わないのだと思う。


しかし、よく言えば
人はここまで具現的にロボットを作り上げる
ことができてしまう。


この技術の進展はすさまじいが
数ある映画のように、
ロボットによる壊滅
などは断じてなってはいけない。


ロボットは人に夢を与えていること忘れてはいけない。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ アフィリエイトフレンズ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。